DumpCharacterをユニコードエスケープに対応させました

先日、フォントのサブセット化のためのツール(DumpCharacter)を公開しましたが、ツクールのソースでは \u2192 のようなユニコードエスケープ形式で文字が記述されている場合がありました(例えば’→’なんかがそう)。そのため、先日公開したものは、これらの形式で記述された文字が意図せずフォントから除かれてしまっていました。

このたび修正したものをアップしましたので、お手数ですが、使用されていた方は、こちらをダウンロードして再度サブセット化をお願い致します。

ちなみに、通常はブラウザのフォールバックが効くので、フォント内にない文字でも何かしらのフォントで表示はされていると思います(そのせいで気づかなかったのですが…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする